日本初11通貨に対応したデビットカード「Sony Bank WALLET」

 日本で初めて11通貨に対応したソニー銀行が提供するVISAデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET(ソニーバンク・ウォレット)」。

Sony Bank WALLETは日本円、アメリカドル、イギリスポンド、ヨーロッパユーロ、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、香港ドル、カナダドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナの11通貨に対応しています。円普通預金のほかにご利用になりたいそれぞれの通貨で外貨普通預金をしていただくことで、ご自分の外貨口座からそのまま引き落としという形でデビットカードをご利用いただくこともできるようになっています。

 Sony Bank WALLETの入会金や年会費は無料で、ソニー銀行に口座をお持ちの15歳以上の方ならどなたでもVISAデビット付きのキャッシュカードにお申込みいただくことができるようになっています。デビットカードになりますので、1回払いのみとなりますが、国内外のVISA加盟店でクレジットカードと同じように、ショッピングやレストランでのお支払いにご利用いただくことができますし、海外ATMを利用して海外で現地通貨を引き出していただくこともできるようになっています。

通常、VISAデビットカードを海外でご利用いただく場合、日本円の口座からの引き落としとなりますので、海外利用手数料(海外事務手数料等)が必要となりますが、Sony Bank WALLETの場合、ご利用の外貨普通預金をお持ちの場合、ショッピングでは海外利用手数料等が必要ありません。また、海外ATMをご利用の場合でも、お持ちの外貨普通預金からの引き出しの場合、ATM利用手数料が不要で、お引出額の1.76%(税込)の海外利用手数料のみがかかる形となります。

 対象外の通貨やご利用通貨の外貨預金をお持ちではない場合には、日本円普通預金からのご利用となりますので、ショッピング、海外ATMともに海外利用手数料として1.76%(税込)が必要となります。また、海外ATMのご利用では、海外ATMご利用手数料として別途216円(税込)も必要となります。

 アメリカドルやヨーロッパユーロなどよくご旅行や出張でお出かけになられる国の通貨が対象通貨にある場合、為替の良い時期を見計らって事前に外貨普通預金口座に入れておかれることをおすすめいたします。もしも、海外の滞在先で、外貨普通預金口座入金分で足りなくなってしまわれた際にも円普通預金があれば、円普通預金からのご利用として引き続きご利用いただくことができるようになっていますので、ご安心いただきたいと思います。

 Sony Bank WALLETのご利用限度額は、ショッピングの場合初期設定で1日50万円かつ1か月で200万円以内、海外ATMの場合初期設定1日50万円かつ1か月で50万円以内となっていますが、それぞれご自分でご利用限度額を変更していただくこともできるようになっています。ショッピングでは、普通預金口座入金分まで、もしくは、1日200万円までかつ1か月で1000万円まで、海外ATMでは、普通預金口座入金分まで、もしくは1日100万円かつ1か月で100万円までとなっています。ご利用限度額以内であれば、0円から設定していただくことができるようになっていますので、普段はご利用限度額を0円に設定しておかれて、ご旅行の際にだけご利用限度額を引き上げていただくこともできますし、使いすぎの防止や防犯のために普段は設定金額を低めにしておあkれることもできるようになっています。

 また、Sony Bank WALLETでは、国内でのショッピングご利用金額に応じたキャッシュバックも受けていただくことができるようになっています。キャッシュバック率は、ご利用金額のステージに応じて0.5%~2.0%となっています。ほかにも、他行への振込手数料が月に2回まで無料となったり、トラベレックスの優遇レートをご利用いただくことができたり、ハーツレンタカーをご優待料金でご利用いただくこともできるようになっていますし、ショッピング保険や不正利用補償も付帯していますので、よりお得にそして安心してご利用いただくことができるようになっています。

 カードの券面デザインはストライプ柄のスタンダードと懐かしいピンクのポストペット柄の2種類になっています。 

 日本円普通預金と外貨普通預金をデビットカードの引き落とし口座としてご利用いただくことができるSony Bank WALLET。対象通貨のご利用頻度が高い方や海外留学予定の方、海外出張によくお出かけになられる方、外貨預金に興味がある方にも非常におすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る