デビットカードを海外で使った場合の手数料は?

 日本国内だけではなく、海外のVISA加盟店でも利用できるデビットカード。海外で1回払いのショッピングでのご利用のほかにATMで現地の通貨をおろしていただくこともできるようになっています。

 海外でのショッピングのお支払いにデビットカードをご利用になる場合、海外取扱い事務手数料や海外事務手数料などといった名目の手数料が上乗せされます。これらの手数料は、為替の変動に対応するための手数料や事務的な作業のための手数料となっています。また、ご利用いただくデビットカードによって手数料のレートは変わってきますので、海外によくお出かけの方には手数料が低めに設定されているデビットカードをおすすめいたします。ショッピングの際に必要となる手数料は、お買い上げいただいた外貨合計に手数料のパーセンテージをかけたものとなります。

VISAデビットカードを国際キャッシュカードとして、海外ATMでご利用になる場合、VISAもしくはPlusマークのATMでご利用いただくことができます。ご利用いただくことができるサービスは基本的に出金のみとなりますので、お気を付けいただきたいと思います。また、海外ATMをご利用の場合の手数料もデビットカードによって異なりますので、合わせてご確認いただければと思います。

 りそな銀行が提供している「りそなVISAデビットカード」の海外事務手数料は、お買い上げ金額×2.5%となります。ご利用代金をご利用日の為替レートで一度引き落とし、後日、VISA加盟店から売上情報が届き次第、為替による差額を最初の引き落としで足りなかった場合は再度引き落としし、多すぎた場合には返金してもらうことなります。りそなVISAデビットカードの海外ATMご利用手数料は、基本的にはかかりませんが、現地にてご利用いただいた現地金融機関によって所定の手数料がかかる場合があります。また、海外事務手数料2.5%も必要となります。

 あおぞら銀行の「あおぞらキャッシュカード・プラス」の海外取扱い事務手数料は、2.57%になっています。あおぞらキャッシュカード・プラスの場合も一度、当日の為替で引き落としを行い、後日売上情報が届き次第、引き落とし、もしくは返金となります。あおぞらキャッシュカード・プラスの海外ATMご利用手数料は、1回につき216円、および海外取扱い事務手数料2.57%となります。

 三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJ-VISAデビット」の海外事務手数料は3.0%になっています。三菱東京UFJ-VISAデビットの場合も一度、当日の為替で引き落としを行い、後日売上情報が届き次第、引き落とし、もしくは返金となります。三菱東京UFJ-VISAデビットの海外ATMご利用手数料は、1回につき108円および海外事務手数料3.0%となります。

 スルガ銀行の「スルガ銀行VISAデビットカード」の海外事務手数料は3.0%になっています。スルガ銀行の海外ATMご利用手数料は1回につき216円および海外事務手数料3.0%となります。また、現地でご利用になるATMによって所定の事務手数料がかかる場合があります。

 ジャパンネット銀行の「JNB VISAデビット」では、海外でのご利用の場合、海外取引にかかわるコストとして為替レートに3.02%分が上乗せされます。JNB-VISAデビットの海外ATMご利用手数料は無料となりますが、海外取引にかかわるコストとして3.02%が加算されます。また、ご利用のATMによって所定の事務手数料がかかる場合があります。

 楽天銀行の「楽天銀行デビットカード」では、海外でのご利用の場合、VISAインターナショナルサービスアソシエーションが定めた為替レートに税込3.042%をかけたものが上乗せとなります。楽天銀行デビットカードの海外ATMご利用手数料は無料となりますが、海外事務手数料3.042%がかかります。また、ご利用のATMによって所定の事務手数料がかかる場合がありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 基本的に海外ATMを利用されて、現地で残高を確認していただくことはできませんので、海外にお出かけの際には、事前にご利用の金融機関で預金残高をご確認いただくことをおすすめいたします。また、デビットカードによって年会費の有無も異なりますので、合わせてご検討いただきたいと思います。

デビットカード一覧表 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る