使いきりだから安心!ジャパンネット銀行のワンタイムデビット

VISAデビットにも、カード番号を使いまわすタイプと、使いきりタイプの二種類があります。上の記事で紹介してきたのは「使いまわせるカードタイプ」ですが、セキュリティの面でもっとも強固なのは、やはり「使いきりタイプ」でしょう。使いきりタイプはカードではなく、ネット上で発行される番号のみを入力して利用します。

使いきりデビットで知名度が高いのは、ジャパンネット銀行の「ワンタイムデビット」です。これはカード不発行型で、一回利用するともうその番号は使用不可能になるので、誰かに不正利用される可能性も通常のデビットカードよりもぐっと減ります。

まず、ワンタイムデビット(正式名称JNBカードレスVisaデビット)はJNBで配布している「トークン」という小型のパスワード発行機械(口座開設者に無料で送付)を使います。表示される6桁の数字は60秒で切り替わるので、誰かに盗み見られたり、メモに書きとめられても悪用される心配がありません。有効期限10日間に設定された使い捨て番号は、一度利用すると同じショッピングサイト以外では再利用できません。自分がカードを使いたくなったときに自由にカード番号を発行でき、また番号は同時に4つまで保有できます。

ただ、ワンタイムでビットは以下のデメリットがあります。

・月額利用料金の支払いができない。
・10円以下の支払いができない。
・PayPalでの支払いができない。
・Visa認証サービス(3Dセキュア)非対応。

月額利用料金が不対応なので、公共料金などの定期的な支払いには使えませんね。また3Dセキュア(VISAが開発した不正防止用の本人認証システム)にも不対応です。オンラインゲームの料金決済にはこの3Dセキュアを使用しているところがほとんどなので、ゲームによってはこのワンタイムデビットが使えない可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る