ガソリンスタンドで使えるデビットカードはある?

 VISA加盟店でクレジットカードと同じように暗証番号やサインでご利用いただくことができるデビットカード。VISAデビットカードは、国内外のVISA加盟店でご利用いただくことができるとはいえ、利用できない場所も多々あります。例えば、高速道路でのご利用や、継続的な引き落としが必要となる携帯電話料金のお支払い、プロバイダー料金のお支払いなどにはほとんどご利用いただくことができません。ガソリンスタンドの場合も上記と同じようにご利用いただくことができないデビットカードが多くなっています。

 しかし、JNB(ジャパンネット銀行)が提供している「JNB VISAデビット」は、VISA加盟店のガソリンスタンドでの給油や修理、カーアクセサリー等のご購入の際にデビットカードをご利用いただくことができるようになっています。デビットカードでのお支払いになりますので、お支払い回数は1回のみとなりますが、VISA加盟店のガソリンスタンドであれば、クレジットカードと同じ要領でご利用いただくことができるようになっています。

ただし、JNB VISAデビットをガソリンスタンドでのお支払いにご利用になった場合、ご利用後すぐの引き落としとなる通常のご利用とは異なり、実際にご利用いただいてから代金がご契約の口座から引き落とされるまで1~2週間の時間がかかることが多くなっているようですので、口座残高にはお気を付けいただきたいと思います。

 また、「楽天銀行デビットカード」もVISA加盟店のガソリンスタンドでご利用いただくことができる数少ないデビットカードのひとつになります。しかし、楽天銀行デビットカードの場合は、預金残高が10000円以上あることがガソリンスタンドでご利用いただくための条件となります。例え、ガソリンスタンドでのご利用代金が10000円未満であったとしても、預金残高が10000円に満たない場合は、デビットカードでのお支払いをしていただくことができませんので、お気を付けいただきたいと思います。

 JNB VISAデビットの場合、ジャパンネット銀行に口座が必要となりますが、デビットカードの年会費は無料となりますし、自動精算器および海外ATM以外では店頭でのサインでご利用いただくことができるようになっています。楽天銀行デビットカードの場合、楽天銀行に口座が必要となりますし、年会費1029円(ゴールドでは3086円)が必要となりますし、基本的に暗証番号でのご利用となりますが、楽天スーパーポイントが貯まりますので、楽天スーパーポイントを貯めていらっしゃる方におすすめです。年会費、ご利用頻度、預金残高などと合わせてご検討いただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る