使い過ぎの不安無し!高校生でも持てるデビットカードのメリットとは?

「デビットカード」というカードが存在することをご存知ですか?デビットカードとは、金融機関のキャッシュカードを支払いに利用することが出来るカードのことを言います。つまり普段口座から引き落とすために使用しているキャッシュカードを、クレジットカードのように現金代わりに使用することが出来るのです。このデビットカードは、様々な銀行が発行しています。

まず、最初に知っておきたいのは、日本で発行されているデビットカードには種類が二つあるということです。それは「VISA Debit」と「J-Debit」の二種類です。このふたつの違いと特徴をざっと解説します。

「VISA Debit」は、VISAマークの入ったキャッシュカードのことを指します。2013年現時点だと、楽天銀行、スルガ銀行、りそな銀行などがこのVISAデビットを発行しており、国内でも海外でもVISAマークの付いている加盟店ならデパートでもホテルでもスーパーでも、現金の代わりにどこででも利用できる仕様になっています。また海外のATMで現地のお金を引き出すこともできます。海外旅行や留学先などでデビットカードを使いたい方にはこの「VISA Debit」が向いていると言えるでしょう。

「J-Debit」は、VISA系デビットカード以外の銀行系キャッシュカードについているデビットカードのことで、「J-Debit」マークの付いている加盟店で利用することができます。国内の30万店舗で利用できますが、ただ、「VISA Debit」と違って、「J-Debit」は海外で利用することはできません。そのため海外利用を考えている方にはおすすめではありません。

デビットカードのメリットまとめ

・審査がないからすぐに持てる!
クレジットカードと違い、デビットカードは本人のお金をその場でそのまま引き落とすシステムなので、審査もほとんどありません。つまりなんらかの事情でクレジットカードの審査が通らずカードを持てない人でも、デビットカードなら持てるということになります。

・使いすぎの危険がない!!!
デビットカードのメリットといえば、やはり「使いすぎることがない」という点でしょう。クレジットカードは限度額に達するまでいくらでも買い物ができますが、デビットカードの場合は自分の銀行口座に預けている金額と連動しているので、残高以上の買い物はできません。残高もないのにクレジットカードで無茶な買い物をして後から首が回らなくなる、といった事態に陥る危険を防ぐことができます。

・サインいらず!お会計もとてもスムーズ!
現金のやりとりをすることがないので、買い物がとてもスムーズに出来るのが魅力です。支払いにおいてクレジットカードのようにサインをする手間がなく、店舗に設置された端末機にカードを挿して暗証番号を入力するだけですから、とても便利ですね。またこれまで使っていたキャッシュカードをそのまま利用出来るということで、新しくカードを作る必要がありません。そういった手続きが面倒だと思う人にとっては、とても便利なカードなのです。

デビットカードはこんな人に向いている!

osusume

デビットカードが向いている人とはどんな人でしょうか?まずは一番に、「クレジットカードをなんらかの事情で持てない人」があげられます。総量規制が始まり、カードの審査も厳しくなった昨今、定職のない主婦の方などはクレジットカードに申し込んでも通らないことが多くなってきました。しかし、銀行のキャッシュカードなら口座を開設すれば誰でも作れますし、そこにデビットカードの機能を付ければクレジットカードと同じように利用することができます。

また、まだクレジットカードを申し込めない高校生の方がカードを持ちたい場合にも向いているでしょう。最近は高校生で海外に留学、または旅行をする方なども増えてきました。その場合、外国に持っていくお金は日本の銀行や空港で両替すると思いますが、その時必ず交換手数料を求められます。ですがVISAのデビットカードなら海外のVISAマークが付いているお店ならどこでも使えますし、日本の口座から直接その時のレートで料金が引き落とされるので両替手数料もかかりません。

デビットカードのデメリットとは?

point

デビットカードのデメリットとしては、使った時にポイントが貯まらない、あるいは貯まったとしても、クレジットカードの還元率と比べてとても数字が低いというところです。クレジットカードの場合でしたらポイントが貯まりますので、ポイントを貯めたいというタイプの人から見たらデビットカードは物足りないように思うかもしれません。

またデビットカードは、クレジットカードにはよく付いている海外旅行傷害保険などの付帯保険も付いていません(カードによっては付いているものもありますが)。また携帯電話や高速道路料金などには利用できないといった条件をあげている銀行もあります。

銀行の暗証番号を入力するということに抵抗感を覚える人もいるようです。そのため使用することをためらう人もいます。米国に比べると、まだまだデビットカードは認知度が低い状態です。けれどこれから先に、使用した人が便利さを知り、広まっていくという可能性は高いでしょう。

デビットカードに保険は付いている?

クレジットカードの付帯保険としてよく耳にする「海外旅行傷害保険」ですが、デビットカードにはそういった保険は基本的に付いていません。ただ、「盗難保険」や「不正利用保険」をつけているデビットカードは沢山存在します。クレカと違いデビットカードの保険は必要最低限、という印象です。年会費などを取らないぶん、仕様を抑えめにしているのでしょう。

しかし盗難と不正利用さえ補償されればあとはどうとでもなるので、この二点さえしっかりサポートされていれば安心&安全です。

盗難&不正保険の細かい内容はカードごとに違いますが、たとえば楽天銀行の発行しているデビットカードでは年間100万円を限度とした盗難保険が付いています。もしカード会員が損害を被った場合、損害の全部または一部に対して保険金が支払われます。ただし保険金の支払は当行が銀行側が受理した日の30日前以降、受理した日から60日後までの91日間に行われた不正使用による損害に対してとなっています。

どのデビットカードが一番おすすめ?

年会費を払いたくない方におすすめの一枚は、やはりこの中で唯一年会費無料で発行できるスルガ銀行の「SURUGA VISAデビットカード」ですね。一年間の利用金額に対する0.2%が現金で口座にキャッシュバックされ、なおかつショッピング保険がついて年会費無料なのはかなり有難い仕様です。


楽天VISAデビットカード(一般)

りそなVISAデビットカード
SURUGA VISA デビットカード
年会費 1,000円
(ゴールドは3,000円)
1,000円 無料
審査 16歳以上で口座保持者なら誰でも
カード利用ポイント カード利用1,000円毎に2ポイント付与
(ゴールドは5ポイント)
カード利用マイル カード利用200円毎に1マイル付与
キャッシュバック 年間利用額×0.2%
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
(ゴールドのみ年間30万円)
年間50万円 年間30万円
盗難保険
独自の特典 ●「Visaデビット」でJALグループ便航空券ご購入の場合、 マイルが2倍に!
●2年目以降1年毎に、期間中1回以上、 ショッピングでのご利用があった場合500マイルをプレゼント!

また、無料で利用できる使いきりタイプの「ワンタイムデビット」もおすすめです。セキュリティ面の不安な海外のオンラインショッピングはワンタイムデビットで決済し、普段のお買い物や月額定額料金の支払いはSURUGA VISAデビットカードで決済する、といった使い分けをするのも賢い選択でしょう。もっともコストのかからないデビットはこのふたつになります。

また楽天VISAデビットカードは携帯電話料金と高速料金では使えません。ガソリンスタンドでも5,000円以上の会計で、なおかつ口座に一万円以上の残高がないと使えません。

りそなも携帯料金と高速はともに非対応です。ただガソリンスタンドは一万円以上の残高があれば会計の額に関わらず利用できます。

ちなみにSURUGAデビットも高速料金の支払いは受け付けていませんが、携帯料金はau、ソフトバンクモバイル、イーモバイルのみ支払い可能となっています。

JALマイルや楽天スーパーポイントをどうしても貯めたい!という方は、年会費を払うのを承知のうえで楽天のデビット、もしくはりそなのデビットを選んでもいいかと思います。上手く使い分けて、オンとオフのショッピングを安全に楽しんでください。

おすすめのクレジットカードが気になった方はコチラも参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る