利用限度額で選ぶVISAデビットカード

 VISAデビットカードをお選びになる場合、ご自分のメイン口座となる銀行がデビットカードを発行されている場合、メイン口座の銀行が提供しているデビットカードをお選びになられる方も多くなっていますが、同じVISAデビットカードでも、提供している会社によってサービスやご利用条件が少しずつ異なります。クレジットカードをお選びになられるときと同じようにメイン口座だけではなく、別の銀行にサブ口座をお作りになることも検討された上でデビットカードをご検討いただきたいと思います。

 クレジットカードと同じようにデビットカードにもご利用限度額があります。デビットカードのご利用限度額では、後払いのクレジットカードとは異なり、即時引き落としとなりますので、デビットカードの引き落とし口座に指定している普通預金口座に預金残高があることが大前提となります。

 例えば、預金残高に20万円入っていた場合、ご利用限度額が最大で50万円のVISAデビットカードの場合でも、預金残高の20万円までしかご利用いただくことができません。ご利用限度額が最大で1日10万円のVISAデビットカードの場合、ご利用限度額ぎりぎりの10万円までしかご利用いただくことができません。ご利用限度額が預金残高までのVISAデビットカードの場合は、預金口座残高の20万円までご利用いただくことができます。

 VISAデビットカードのご利用限度額の場合、普通預金残高の方がご利用限度額を下回っている場合、普通預金残高までとなりますし、普通預金残高の方がご利用限度額を上回っている場合、ご利用限度額までがご利用可能となります。

 VISAデビットカードによっては、ご利用限度額の初期設定があるものもありますが、基本的にご自分で預金残高もしくはVISAデビットカード会社が定めたご利用限度額の範囲内でご自由にご利用限度額をご指定いただくことができるようになっています。もちろん、初期設定のままでもご利用いただくことができますが、「楽天銀行デビットカード(VISAデビット)」のように初期設定が特にないものもありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 ご利用限度額上限設定があるVISAデビットカードには、「りそなVISAデビットカード(1日50万まで)」、「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード) JNB(100万円まで)」、「イオンデビットカード(イオン銀行)(1か月100万円まで)」、「Sony Bank WALLET(ショッピングで200万円、海外ATMで100万円まで)」、「あおぞらキャッシュカード・プラス(ショッピングで200万円、海外ATMで1日20万円まで)」があります。

 これらのVISAデビットカードの場合、それぞれの会社が定めたご利用限度額上限までしかご利用限度額の枠をご自分で広げていただくことができません。

 そのため、お子さまの留学やネットショッピング、ご年配の方のクレジットカードがわり、不正利用などが不安な方には、こうしたご利用限度額の上限が決まっているタイプのVISAデビットカードをおすすめいたします。預金残高が多い場合でもご利用限度額に上限があることで、安心してご利用いただくことができるようになっています。

 海外によくお出かけの方やお手持ちのクレジットカードの限度額が低い方、主婦や現在無職の方でクレジットカードでは海外でキャッシングができない方、ご利用限度額を上げたいという方には、預金残高までご自分でご利用限度額を上げていただくことができるタイプのVISAデビットカードもおすすめです。

 「楽天銀行デビットカード(Visaデビット)」、「三菱東京UFJ-VISAデビット」、「スルガ銀行」、「ANAマイレ-ジクラブ Financial Pass Visaデビットカード」、「HISワールドキャビット」は、預金残高までご自分でご利用限度額を上げていただくことができるようになっています。その都度ご利用限度額を変更していただくこともできるようになっていますので、ご利用になりたい時に上限を上げていただくことができますし、普段は上限を低めに設定されて使いすぎを防いだり、不正利用に備えていただくこともできるようになっています。

 ご利用限度額の上限の有無や価格によってVISAデビットカードの使い方も変わってきますので、海外事務手数料や年会費、ポイント、キャッシュバックの有無と合わせてご利用限度額がご自分に合っているかどうかもVISAデビットカード選びのポイントのひとつとしてご検討いただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る